まいやんfan

白石麻衣ファンのためのサイト

ノーバン投球!?乃木坂46・白石麻衣が”ライアン投球”で魅せた!

   

アイドルグループ・乃木坂46の白石麻衣が26日、ヤクルト・日本ハム戦(神宮)の始球式に登板。

愛称 まいやん
生年月日 1992年8月20日
現年齢 22歳
出身地 群馬県
血液型 A型
身長 / 体重 161 cm
スリーサイズ 81 – 59 – 84 cm

2011年8月21日 乃木坂46第1期メンバーオーディション合格。

歌手愛称は「まいやん」である。キャッチフレーズは「白い肌がチャームポイント」である。「黒石さん」というバラエティ用のキャラクターがある。

乃木坂46では、センターを務めるなど人気の白石麻衣。

6枚目のシングル「ガールズルール」で、センターポジションを務めた。

乃木坂46で5枚目シングルまでセンターを務めた生駒里奈に続き、6枚目の『ガールズルール』でセンターに抜擢された。

ファッション雑誌Rayの専属モデルとしても活躍で表紙に抜擢されるなど若者からの人気も高い。

また、ファッション雑誌Rayの専属モデルとしても活動中(2013年~)。

そんな白石麻衣がプロ野球の始球式に登場!

交流戦キャラクター「セパコちゃん」とおそろいのピンク色のユニホーム姿の白石麻衣。これが自身3度目の始球式となった。

ヤクルトのエース小川は、投球前に左足を高く上げる独特のフォーム"ライアン投法"で2013年に最多勝を獲得した日本代表投手。その"ライアン投法"を今回、白石麻衣に伝授。

本番前にヤクルトのエース・小川泰弘投手からボールの握りと足を高く上げる“ライアン投法”を伝授された白石。

白石麻衣の始球式は、これが3度目!

始球式初挑戦は、一昨年7月の楽天vs日本ハム戦。同年9月にも楽天vsソフトバンク戦で始球式を務めていた白石麻衣。

始球式初挑戦となった一昨年7月の楽天vs日本ハム戦(東京ドーム)では、緊張から指を引っ掛けてしまい、ツーバウンドという大失敗にマウンド上で崩れ落ちた白石。

2度目の始球式では、田中将大に激励を受けるも失敗に!

練習では届いていただけに、再び涙。事前に投球を指導した田中将大投手から「2バン、1バン、次ノーバン!」と激励を受けていた。

同年9月に挑んだ楽天vsソフトバンク戦(旧クリネックススタジアム宮城)でのリベンジでは、わずかに届かずホームでワンバウンド。

3度目の始球式"ライアン投法"は、大成功と本人も満足!

しなやかなフォームから投げ込まれた球は、緩やかな弧を描いてノーバウンドで捕手のミットに吸い込まれた。

過去2度登板した始球式はワンバウンドなどで失敗しており、緊張した面持ちで助言通りに左足を高く上げてボールを投げると、弧を描いて捕手のミットまで届いた。

事前に発表していた「ソフトボール部出身と過去の2度の始球式経験を生かして、次こそはキャッチャーに届くように頑張ります!3度目の正直ですね!」のコメント通り、緊張に打ち勝って見事ノーバウンド投球を決めてみせた。

それでも本人の自己採点は、低め・・・

見事な投球を披露した白石麻衣だが本人の出来は、80点。さらなる高みを目指す白石麻衣がコメント。

直前にはヤクルト・小川からアドバイスを受け「“足を高く上げるといいですよ”と言ってもらった」と感謝していた。

ライアン効果で成功したまいやんはガッツポーズを見せ、「練習で小川投手に『問題ないよ』と言ってもらえたことを励みに投げました。出来は80点です!」と笑顔を見せた。

過去2回はボールをバウンドさせてしまい「悔しい」などと涙を流していたが、「3度目の正直」でついにノーバウンドを達成。「やっと納得のいく投球ができた」と笑顔を見せていた。

 - Uncategorized